ぼくは、おもった

前向きに生きます

納豆ご飯の魅力について語る

お題「朝ごはん」

 

一人暮らしを始めてから、様々な朝ごはんを食べてきた。

パン、ヨーグルト、フルーツグラノーラ・・・

どれもしっくりこない

パンは腹持ちが良くない割に少し高いし、ヨーグルトなどの乳製品は体の弱い僕にとっては天敵だ。

フルーツグラノーラは美味しいがいつも牛乳とのバランスが分からない。で牛乳が先に枯渇して、底にはふにゃふにゃになったグラノラがたまっている。

なんか食べるのは嫌だし、捨てるにもなぁ・・ってな感じで葛藤するはめになる。

 

そこで行き着いたのが、納豆ご飯だ。

僕がいつもお世話になっているのは4つ1セットでなんと90円

納豆にも色々な種類が置いてあったが、

大きさ、食感、匂い(これが一番強烈)、価格とすべてが最高だった。

 

朝は6時半に起きる。

米を洗って炊飯器のスイッチオン。炊き上がるまで50分かかる。

その間に読書をして時間をつぶしつつ、納豆ご飯に思いを馳せて空腹の状態にしておく。

ピッと炊き上がったら冷蔵庫から納豆3パック出して、ネリネリしてご飯の上にザバァ。

最近は納豆だけでは物足りなくなってきたので海苔を巻いて食べることにした。

これが結構難しい。納豆を巻こうにもパリッパリの海苔なので簡単に破れてしまう。

ところが先日ナイスアイディアを思いついた。ご飯が炊きあがる前に海苔を外に出して湿らせる。そしてしなしなの状態にする。これなら納豆ご飯を巻いてもそう簡単には破れない。

 

なんと納豆は体にも良いらしい。それが理由で食べる人のほうが多いのかな。

僕は、昼はふりかけご飯、夜はハンバーグという食生活を半年以上続けている。

つまり半年間一切野菜を取っていないことになるわけだが、納豆が野菜の代わりになってたらいいなぁ。

 

食物繊維とかいうのが豊富らしいから安心していいだろう。栄養は足りているのだろう。

 

栄養といえば、健康サプリの宣伝を見ていて思うことがある。

「これ一粒でレモン30個分の栄養が取れますよ!!」

これを見てレモン農家の人はどう感じるのだろう。自分が時間をかけて育ててきたものを、あんな小粒大に置き換えられるなんて。これから更に健康食品が発達していったら「一日の食事はこれ一粒で済みます!」みたいなことになんのかな。

確かに、時間を節約できるし持ち運びやらなんやら楽かもしれない。

ただ食事の楽しさはなくなってしまう。肉汁あふれるステーキや瑞々しい野菜を目で楽しむといった楽しさが。

 

最後に、納豆ご飯を食べ続けていると全く病気になりません。まあそれは僕がずっと家に籠っているからかもしれないが。

 

 


にほんブログ村